「ヘリノックス風」に破れたキャンプチェアのシートを作り直してみた

こんにちはいろはです。

先日キャンプに行ってきました。焚き火をしていた時に水を汲みに行こうと椅子を立った瞬間 . . .

突然の強風!

見事に飛ばされキャンプチェアはなんと焚き火の上に倒れかかり、どデカい穴が空いしまいました。

安い奴ですが、気に入っていたのでかなりショック

私の自作欲求がメラメラ燃えてきました。

このヘリノックス風のキャンプチェアは結構頑丈で私のハードな使用にも耐えてくれていました。購入から1年半ほど経ち愛着も湧いてきていた頃だったのでかなり悔しい!!

Joytoop アウトドアチェア 折りたたみイス キャンプ チェアー 超軽量880gポータブル多機能チェア コンパクト収納 ローチェアアルミ合金製カジュアルチェア 耐荷重145 kg持ち運びに便利な専用ケース付きキャンプ用品【6カラー】

ヘリノックス風シートを自作する手順

とゆうわけで直してみることにしました。

今回はヘリノックスユーザーがよくやっている様なカバーの自作ではなくてシート自体を作ってみようと思います。

まずはカッターを使ってそれぞれの生地に分解します。

この作業が一番大変で2時間ぐらいかかりました。笑

シートの生地には以前パップテントを試作して失敗した帆布を再利用します。

分解したパーツから型を写していきます。

型をチョキチョキと切り取ったらアイロンで折り目をつけていきます。

次は生地の縫い合わせで、下の図のように生地生地を合わせて赤線部をミシンで縫っていきます。

画像の様に縫えばかなりの強度が出ました。

Image by Anna Ventura from Pixabay

ぬいぬいして完成!

ヘリノックス風シートが完成

こちらが完成写真↓

うーん!かっこいい感じにできました。

ただ、率直な感想を言うと座面が製品よりも少し浅い感じで、座った時のホールド感が微妙です。これからまた他の色のカバーを作る時に座り心地も改良してみようと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました