【2019年11月】バンコクからミャンマーパアンへビザ無し陸路の国境越え

陸路でタイからミャンマーに行きたいです。バスはどこから出ていて、メーソートからミャワディへの国境越えを詳しく教えて欲しい。ミャワディからの移動はどんな方法があるのか詳しく知りたい。

この記事を書いている私も実際にタイ・バンコクからミャワディへ陸路国境を超えてパアンまで移動しました。

移動で不安なことも多かったので、少しでも不安が無くなるように詳しくまとめます。

2019年11月バンコクからミャンマーパアンへのビザ無し陸路で国境越え

私の場合バンコクからミャンマーパアンまでの

総移動費は463バーツと1万チャット日本円で2360円した。

内訳

宿からモーチットバスターミナル 8バーツ 29円 路線バスで移動

バンコクからメーソート       405バーツ 1460円 夜行バスで移動

メーソートバスターミナルから国境 50バーツ 180円 トゥクトゥクで移動

国境の町ミャワディからパアン 1万チャット 720円 日産セレナ乗合バスで移動

私の場合、何かと高いバスや乗合バスに乗ったのでこの値段になりましたが、もっと安く行くことも可能です。

    

パアンまで最安で行った場合318バーツと5000チャットで約1508円で行けます。

最安の場合

宿からモーチットバスターミナル 8バーツ 29円 路線バスで移動

バンコクからメーソート       290バーツ 1047円 夜行バスで移動

メーソートバスターミナルから国境 20バーツ 72円 ソンテウで移動

国境の町ミャワディからパアン 5000チャット 360円   バスで移動

( パアンからヤンゴンに行く場合 5500チャット 300円 夜行バスで移動 )

※この最安値は2019年の情報ですが、自分で実際に確認したものでは無いのであくまで参考に

バンコクからメーソートへの移動方法

バンコクからの移動の場合はモーチットバスターミナルからメーソート行きのバスが出ています。

チケット売り場

メーソート行きバスのチケット売り場はちょうど ” Googleマップでピンが刺さっている所 “

バスターミナル正面、中央辺りで販売しています。

もし分からなくても、チケット売り場を眺めていると案内係の人が『どこに行きたいの?』と聞いてきます。

案内係ぽい人に『メーソートに行きたい』と伝えればすぐに分かります。

私は前日にチケットを購入しました。

バス時間と値段

メーソート行きは 20時 ・ 21時 ・ 22時があります。

22時発のバスが朝6時に到着するので一番おすすめです!

私はバスチケットを405バーツで買いましたが、290バーツの安いチケットもあったようです。

いくつか情報を探してみましたが300バーツ前後の価格が最安でした。

購入するときチープチケットプリーズって行ったのになんでやねん!

バスは結構快適でした。

バスターミナルへの行き方

モーチットバスターミナルに行くには以下の方法があります。

  • 路線バス  バスターミナル終点のバス 3・16・77・157・509・529・536
  • BTSから路線バス  Saphan Khwai駅で降りて3・509・77・157のバスで行く
  • MRTから路線バス  Chatuchak Park駅で降りて3・77のバスで行く
  • BTS・MRTからバイクタクシ Mo chit駅・Saphan Khwai駅で降りてバイタクで行く

おすすめは、路線バスを乗り継いで行くか、BTSでSaphan Khwai駅に行って路線バスで行く方法です。

私の場合、大移動の負担を少しでも減らすのためにSaphan Khwai駅の近くの宿に宿泊しました。当日は近くのバス停から赤い路線バス一本で行ったのでバスターミナルまで8バーツで行けました。

ViaBusというアプリを使うと簡単にどのバスに乗ればいいか分かります。

現在位置付近のバス停を選択して目的地付近のバス停を選択するだけで、何番のバスに乗ればいいのかすぐに分かりますよ!

バンコクの路線バスを乗りこなすならこのアプリが最高に便利です。

まとめ
  • メソート行きチケット窓口はバスターミナルの正面中央辺り(係りの人に聞けばすぐ分かる)
  • バス時間は20・21・22時があるが、22時のバスが6時着なのでおすすめ。最安チケットは300バーツ前後
  • モーチットバスターミナルまではTBSと路線バスを使って行く
  • 路線バスを使うならViaBusアプリが便利

    

メーソートからミャワディへの国境越え方法

朝6時にメーソートバスターミナルに到着。国境までは直線で3.6kmあります。

バスターミナルから国境まで移動

寝ぼけたままバスを降りると、トゥクトゥクのおっちゃんが何人も待ち構えていてミャンマーならこれに乗れと行ってきます。

最初60バーツとふっかけてきましたが、事前情報の通り50バーツに下がったので乗車。

満員になってから出発しました。

メーソートのバスターミナルを出発

地元民が乗るソンテウだと20バーツ行けるそうですが、乗り場が少し遠い場所にあります。

ボーダー方向に歩きながら途中でソンテウを拾ったという人もいました。

    

ミャワディへ国境越え

国境に到着して荷下ろし

もうすぐタイを出国です。

ずーっと進んで行った最後の方に外国人の出国審査窓口があります。

外国人用出国審査は9番

9番が外国人用です。

タイのボーダー

さよならタイ!

ミャンマー側ボーダーに続く橋を歩いていきます。

ミャンマーのボーダーが見えてきた

入国審査が終了。振り返ってイミグレをパシャり

ミャンマー側ボーダーの建物内に入るとタナカを顔に塗ったおじさんに「日本人か?」と聞かれてイミグレカードを渡されました。

おじさんの丁寧な説明にしたがってイミグレカードの書きます。

書き終わると4番の部屋で入国審査です。

ミャンマーに無事入国できました。

まとめ
  • タイ側ボーダーの外国人の出国審査は9番
  • ミャンマー側ボーダーでは、イミグレカードを書いてから4番の部屋で入国審査

     

ミャワディからパアンへの移動方法

私は最初ヤンゴンに行く予定でしたが、周りの外国人は皆口を揃えて『パアンに行く』と言うので、予定を変更してパアンに行くことにしました。

パアンまでの乗合バス

さっきイミグレカードの書き方を説明してくれたおじさんが来てパアンまで250バーツでどうだと聞いてきます。

フランス人カップルとの値段交渉の結果、タイバーツでは220バーツに値下げ

ミャンマーチャットで支払うなら1万チャット( 720円 = 200バーツ )でOKとのこと。

近くにあるAYA BANKのATMでミャンマーチャットをキャッシング。

AYA BANK
日産セレナ

1万チャットを支払い日産セレナでパアンに向かいます。

    

パアンまでの大型バス

このピンの辺りにバスチケット売り場があるようです。

ただしパアンのバスターミナルは街のはずれにあるため、宿までの移動にピックアップトラックかバイタクを使う必要があるみたいです。(1000〜3000チャット)

パアンのバスターミナルがこの位置でパアン中心部まで4km以上あります。

まとめ

パアンまで乗合バスなら1万チャット

バスなら5000チャット。ただし宿までバイタクかピックアップトラックでの移動が必要

パアンまでの風景

牛がいたり、

今にも壊れそうな音がする橋があったり

道がかなり悪くて、このおもちゃがパンクな感じで激しく揺れます。

上の写真だとまあまあですが、車内で歓声が上がるくらい綺麗な川と山

お昼休憩でミャンマーカレー2000チャット(144円)

豚ホルモンのカレーでめちゃ美味しい。

付け合せもあって、ご飯もおかわり自由でした。デザートにスイカも出てきました。

さらに1時間走り、パアンに到着

乗合バスでのパアンまでの移動は意外と良かったです。

     

パアン初日の宿『THAN LWIN PYAR Guest house』

宿は予約してなかったのでドライバーのおじさんおすすめ宿に下ろしてもらいました。

ドリトミーは満室らしく、シングルルームに宿泊

窓なしシングルファンルーム

窓なしシングルファンルーム1万チャット(720円)

部屋にクーラーは無いですが、部屋の前の廊下にはクーラーがあって涼しくなっていて部屋でも快適に眠れました。宿のスタッフも皆んな笑顔でフレンドリーないい宿です。

朝食がついていました。食べかけですいません。

ミャンマービール、グラスはチャーン

夜には早速ミャンマービールをいただきました。サールゥ コゥン デー!

ミャンマーカレーもサールゥ コゥン デー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました